七草粥の意味や由来は?七草に込められた願いや薬膳効果とは!

七草粥の画像

毎年、お正月が終わるころになると、スーパーなどで「七草セット」を目にしますよね。

なんとなく、「七草粥を食べなきゃ!」と、思って食べていたりしますが、七草粥を食べる風習には意味や由来があります。

また、七草の野草には薬膳効果なども期待できるのです。

スポンサーリンク
  

七草粥の意味や由来は?

七草粥は、1月7日に7つの野草を入れたおかゆを食べる慣わしで、鎌倉時代から今の時代まで伝えられている風習なんです。

七草粥は、中国から伝わった五節句の行事のひとつで、江戸時代には年中行事として日本でも定着しました。

1月7日は、五節句の中の、人日(じんじつ)という節句で、「人の日」であり、無病息災を願い、邪気祓いをする日なのです。

また、お正月のお御馳走を暴飲暴食して、負担をかけた胃腸を休めるための意味もあります。

七草粥に使う七草の意味は?

春の七草画像

七草粥の材料である「春の七草」には、その名や形から縁起物としての意味があります。

セリ:競り勝つ

新芽がたくさんセリあって育つことから「競り勝つ」の意味を持たせた。

ナズナ:なでて汚れを取り除く

「ペンペン草」とも呼ばれている野草。

ゴギョウ:仏の体

ゴギョウは人形(ひとがた)ことで、仏の体をあらわすものとしての意味。

ハコベラ:繁栄がはびこる

葉が群がるようにつくことから「繁栄がはびこる」とされた。

ホトケノザ:仏の安座

地面に平らに広がって生える葉の形を「仏の安座」に見立てた。

スズナ:神様を呼ぶ鈴

スズナはかぶの葉で、「すず葉」と呼ばれていたことに由来する。

スズシロ:けがれがない精白さ

スズシロは大根の古名。

昔は、野草を摘んできて七草粥を作っていましたが、今の時代では、自分で野草を摘んでくるのは難しいですね。

ですが、七草粥の時期になると、スーパーなどで「七草セット」が、300円前後で売られています。

スポンサーリンク

七草粥は薬膳効果もある?

七草粥の七草には、縁起物としての意味の他に、薬膳効果もあります。

七草の薬膳効果

セリ
解熱効果、健胃効果、整腸作用、利尿作用、 食欲増進、血圧降下作用など

ナズナ
利尿作用、解毒作用、止血作用、胃腸障害やむくみ解消効果など

ゴギョウ
痰や咳に効果があり、喉の痛みもやわらげる

ハコベラ
昔から腹痛薬として用いられていた。
胃炎や歯槽膿漏に効果がある

ほとけのざ
健胃効果、食欲増進、歯痛にも効果がある

スズナ
胃腸を整え、消化を促進する
しもやけ、そばかすにも効果がある。

スズシロ
風邪予防、美肌効果

普段の食生活では食べない野草が殆どですし、七草粥を一度食べたくらいでは、薬膳効果はありませんけどね。

お正月に御馳走を食べて弱った胃腸を休めて、リセットする日にもなりますね。

シンプルな七草粥で!

七草粥のレシピは、クックパッドなどでたくさん紹介されていますね。

青臭さがあるので子供が食べないなどの理由もあったり、オリジナリティを出したかったりで、あれこれアレンジするのも良いですが、シンプルな七草粥も良いですよ。

我が家の七草粥には、レシピというほどのものはありません。

サラッとしたおかゆが好きなので、水を多め(適当に)で、土鍋で米からおかゆを炊いて、刻んだ七草を入れてサッと火を通すだけです。

米1合に対して、小さじ2分の1の塩加減で、ほんのり塩味のシンプルな七草粥です。

お正月の暴飲暴食で弱った胃腸を休めるには、シンプルな七草粥が良いのでは、と思っています。

関連記事:七草粥についてのまとめページ

まとめ

七草粥は、鎌倉時代に中国から伝わり、江戸時代には定着した日本の風習です。

無病息災や邪気祓いの意味もあり、七草の名や形から縁起物としての意味合いや、七草の栄養果などから、薬膳効果でお正月食で弱った胃腸を整える意味もあります。

今の時代では、自分で野草を摘んで七草粥を作るのは難しいですが、スーパーなどで「七草セット」を求めることができます。

1月7日には、七草粥をいただいてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする