成人式の振袖レンタルの値段の相場や予約時期は?購入はどう?

seijinsiki

一生に一度しかない成人式に、娘に振袖を着せてあげたいと思う親御さんは多いですよね。

洋装でどんなに着飾っても振袖の華やかさには敵いませんし、殆どの子が振袖で成人式に参列します。

我が家の2人の娘たちの成人式でも、洋装の女の子は数人でしたよ。

ですが、振袖を着せるとなるとレンタルでも購入でもかなりのお金がかかりますので、成人式の振袖をレンタルするか購入するか迷うところですね。

我が家の体験も踏まえて、レンタル、購入それぞれのメリットやデメリット、チェックポイントをご紹介しますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  

成人式の振袖レンタルの値段は?

成人式の振袖のレンタルの値段は、他のシーズンより割高になります。

お店によっては、通常価格の3倍くらいの値段になることもあります。

成人式の振袖レンタルの値段の相場はどうかというと、ピンからキリまであるのが現状です。

30,000円~250,000円といったところで、値段差が大きいですが、200,000円前後は予算しておきたいところです。

全国対応のネット通販だと、30,000円くらいからありますが、安いから良いというわけでもありません。

また、写真だけ見て良いと思っても、試着してみないと顔映りは分かりません。

特に、黒や藍色などの濃い色は、顔に合う合わないがありますよ。

着付けや写真の前撮りがセットされたレンタル店も多くなっているので、成人式会場に近い地元のお店で、試着して選ぶのが一番です。

また、セット内容のチェックも必須です。

  • 着付けに必要な小物が全てセットされているか
  • バッグや草履、羽毛ショールはオプションか
  • 写真の前撮りはあるか
  • 前撮りと当日の着付けがセットされているか
  • クリーニングは不要か
  • 貸出期間は何日くらいあるか

最低限、これくらいはチェックしておいた方が良いです。

レンタル料が破格に安い場合は、小物がオプションの場合もありますし、ネット通販だと前撮りや着付けはセットされていないことがほとんどです。

着付け代や写真撮影は、単独で頼むとけっこう高額ですよ。

ヘアメイクと着付けで、20,000円~30,000円くらい、写真撮影で最低でも30,000円くらいは必要と思っていた方が良いです。

成人式の振袖をレンタルするなら、小物や着付け、前撮りまで全てセットされたものが良いです。

お店の方に予算を告げておけば、予算+数万円程度の範囲でおすすめの振袖を提案してくれるので、予算は娘さんにも納得してもらって来店しましょう。

予算を決めずに、娘さんの好みで選ぶととんでもなく高くなったり、気に入ったのに予算の関係でレンタルできないと娘さんにも不満が残ります。

ネット通販でどんな振袖が流行りなのか、見ておくのも良いかもしれませんが、逆に、気に入った振袖が実店舗にないこともあるかもしれません。

スポンサーリンク

成人式の振袖をレンタルする時期は?

成人式の前々年くらいになると、呉服店や着物レンタル店などからパンフレットなどのダイレクトメールが届くと思います。

「えっ?もうそんな時期?」と、思うと同時に、「うちの娘が再来年が成人式ってなぜ知ってるんだろう?」と、個人情報の漏洩も感じました。

以前は、成人式が終わってレンタルの振袖がお店に戻ってくる1月下旬から遅くても3月くらいまでに予約するのが普通でした。

ですが、最近では、新作発表が夏頃にあるようで、前々年の秋頃にレンタル予約した方が選べる振袖も多いです。

また、5月のゴールデンウイーク頃に前撮りをするお店が多いので、前撮りもするなら3月中には予約しておいた方が良いですね。

うちの娘たちは、成人式当日に写真館で撮影したので、朝早くから着付けしてもらって写真館に行ったのですが、成人式ギリギリになって慌ただしかったです。

レンタル店へ見に行く場合、1月はじめから15日過ぎまでは、成人式で貸し出しされていて店舗に振袖が揃ってないので避けた方が良いです。

大きいサイズの振袖レンタルは早めに!

振袖の場合、身幅は柄合わせで決まってきますし、普通の着物よりは大き目で柄合わせされているので、着付けでなんとかなります。

着付け次第で少々サイズが合わなくても大丈夫なのですが、背が高い方は標準サイズだと、おはしょりが取れず見栄えの良い着付けがしにくいです。

背が高い方は、腕も長いので標準サイズだと袖口から腕がにゅっと出すぎて、あまり恰好が良くありません。

また、見栄えだけでなく着崩れもしやすくなります。

ですので、背が高い方は背が高い方用に、身丈が大きいサイズの振袖を選んだ方が良いですよ。

大きいサイズの振袖は、標準サイズに比べると数が少ないので、早めにレンタル予約しましょう。

逆に、背が低い場合は、着付けでなんとでもなりますから、身長160㎝用くらいまでの中で選ぶと大丈夫です。

ちなみに、我が家の娘たちは、姉が166㎝で妹が150㎝と、身長差が大きいのですが、姉に合わせて作った大きめサイズの振袖で、妹も問題なく着られました。

実は、姉の成人式のときにレンタルの振袖も見に行ったのですが、姉妹で同じ振袖でも良いと言うので、2人が着るならとレンタルより自前の振袖にしたんですよ。

成人式の振袖を購入する場合の相場は?

レンタルと同程度の振袖を購入するなら、レンタル料+10万円くらいは必要になります。

上を見ればキリがないですが、振袖を購入するなら、最低30万円以上は出したいですね。

ですので、成人式に一度着るだけなら、購入するよりレンタルの方が良いです。

うちのように姉妹で着る場合や、結婚式や大学の卒業式でも着ることがあるなら、購入を考えても良いと思います。

ただ、着付けに必要な小物や、バッグ、草履、羽毛ショールなども必要になってきますし、着付け代や記念写真の費用も必要になりますから、レンタルよりはかなり高くなります。

また、クリーニングや、最低でも年に1度はタンスから出して陰干しするなど、保管にも気をつけないと数年後にシミが浮き上がってくることもあります。

自分の振袖を持っていると嬉しいものではありますけどね。

まとめ

娘さんにとって、一生に一度の成人式は振袖を着せてあげたいですね。

レンタルでも購入でも、かなりの費用がかかりますが、成人式に一度着るだけなら、レンタルの振袖がおすすめです。

振袖をレンタルするときには、レンタル料の中に着付けに必要な小物やバッグ、草履、羽毛ショールが入っているか、前撮りや着付け2回分の費用が入ってるか確認しましょう。

予算をあまりオーバーせずにレンタルできるように、予算を告げてから見せてもらった方が良いです。

関連記事:成人式の振袖についてのまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする