老眼はいつから始まるの?何歳まで進むのか、その原因は?

rougan1

新聞や本を読むときに、ちょっと遠ざけて見るようになっていたりしませんか?

読みやすい位置に無意識に合わせていることが多く、自分では気づいてないこともあったりします。

特に、老眼なんかになるなんて思ってもいない40才前後だと目の疲れくらいに思っていることもあるかもしれません。

今回は、そんな老眼が始まる時期や原因なとについて取り上げています。

スポンサーリンク
  

老眼はいつから始まるの?

老眼が始まる時期は個人差があるのですが、早い人だと40才くらいで老眼症状を訴える方もいます。

新聞や本を読む時に、少し離して見るようになったり、目が疲れやすい、暗い所や夜は見えにくいなどの症状で、老眼かも?と思い始めます。

40代後半になって、そんな症状が出はじめると、とうとう老眼になったか!と自覚もしますが、40才くらいだと、ただ疲れているだけかもと否定したくなるかもしれませんね。

だいたい45才~50才くらいで老眼が始まる方が多いですが、稀に、70才、80才になっても正視の方もいらっしゃいます。

近年では、スマホやパソコンの利用が増えたことで、20代、30代でも老眼症状を訴える若者が増えているとのこと。

なんだか最近、近くが見えにくいと感じたら、眼科で検査すると良いです。

もしかすると、老眼以外の目の病気の場合もありますものね。

老眼は何歳まで進むの?

老眼の進行は、60才~65才くらいまでに比較的早く進むと言われています。

そして、老眼の進行はいつまでも進むものではなく、だいたい70才くらいで、これ以上低下しないという状態になり、老眼が完成するとも言われています。

老眼メガネをかけ始めて数年は、度が合わなくなり、メガネを買い替える方が多いですが、70代、80代になると度が合わなくて老眼鏡を買い直すこともあまりなくなるようですね。

そういえば、我が家のおばあちゃんも、ずっと何年も同じメガネですが、私は1~2年ごとくらいに買い替えていて4つ目ですね。

スポンサーリンク

老眼が進む原因は?

老眼が進む原因は、老化によるものなので誰もが避けることができないと言われていますが、70才、80才でも老眼メガネが必要ないって方もいます。

目は水晶体の厚みを変えることでピント調節していて、この水晶体の厚みを調節しているのが、毛様体筋という筋肉の働きです。

老眼が進むのは、老化によって水晶体が硬くなることと、毛様体筋の筋力が低下することが原因なんです。

ただ、老化だけが原因ともいえないんです。

毛様体筋は使わないと硬くなり動きが悪くなります。

例えば、スマホを長時間見続けていると、ピント調節をする必要がないので毛様体筋が使われません。

そのため毛様体筋の働きが悪くなり、20代、30代でもスマホ老眼といわれる老眼症状になってしまうんです。

時々、目を休めて遠くを見た方が良いと言われるのは、遠くにピントを合わせるために毛様体筋を使わせることで筋力低下を防ぐためなんですね。

また、毛様体筋は単体で動いているのではないので、周囲の眼筋の筋力の衰えも影響してきます。

私の場合ですが、50才前くらいから、少し近くが見えにくいと感じはじめ、1年くらい我慢した末に老眼メガネを買いました。

老眼症状を感じはじめた頃に転職し、パソコン画面を長時間見続ける状態だったためか、老眼の進行が早かったですね。

まだ、一般的に進行が早いと言われている年齢を過ぎていないので、目を休めながら酷使しないように気をつけています。

関連記事一覧:老眼についての記事まとめ

まとめ

老眼がいつから始まるのかは、個人差があるので一概にはいえませんが、早い人で40才くらいからで、多くは45才~50才くらいで老眼症状が出ます。

必ず老眼になるかというと、70才、80才になっても老眼にならない人もいます。

老眼が進むのは目のピント調節が低下するためで、老化によるものとスマホやPCを長時間見続けることも原因になります。

20代、30代でも老眼症状を訴える若者が増え、スマホ老眼と言われています。

ピント調節力が、これ以上低下しようがないところまで進むと、老眼は進行しなくなり、70才くらいで老眼が完成すると言われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする