成人式の振袖を母の着物を古臭くなく今風にアレンジ!【体験談あり】

成人式の振袖画像

娘の成人式には、自分の振袖を着せたい母親も多いのではないでしょうか?

お母さんの振袖なんて古臭いからいやだ!と、娘さんが拒むなら無理強いはできませんが、小物の合わせ方次第で今風にアレンジできます。

実際に、母の振袖を成人式に着る方は多く、我が家の2人の娘たちも、成人式に私の振袖を着ました。

母の振袖をリメイクした方法などの体験談を紹介します。

スポンサーリンク
  

成人式の振袖は母の着物をリメイクで!

写真は、次女の成人式のときに撮影したものです。

この中で母の振袖を着ている子が2人いますが分かりますか?

振袖成人式の画像

右から、2番目、3番目が母の着物ですが、古臭いとか浮いているとかってないと思いませんか?

娘に着せたいと大切に保管している母親の振袖は、上質な着物の場合が多いと思います。

まず、生地の風合いや華やかでありながらも上品さがある色の深みが違いますね。

母の時代の振袖は、生地に使われている絹の量が多い正絹の場合が多く、重みがあるので歩いた時の裾さばきがキレイです。

また、質の良い正絹の生地は暖かいので、寒い時期の成人式で寒さに震えることも少ないです。

新調したい小物は?

小物を新調するだけで、母の着物を今風にリメイクできます。

振袖に必要な小物は全部そろっているとは思いますが、ここはケチらず買い揃えたいです。

  • 帯締め
  • 帯揚げ
  • 半衿
  • 重ね衿
  • ハンドバッグ
  • 草履

最低限、これだけは新しく買い揃えると良いですよ。

帯締めは、飾り結びができるタイプにしておくと華やかですし、帯揚げは絞りが多くボリュームがあるものが良いですね。

娘の場合は、こんな感じにリメイクしました。

furisode4

襟元の色合いで雰囲気が全然変わるので、半衿と重ね衿は着物に合う色で、娘さんの顔に合う色を選ぶと良いです。

小物を買い揃えるときは、着物と帯を持参して呉服屋さんで選んでもらうのがベストです。

呉服屋さんでは、今、流行りの色合いや着物に合う色合いで、おすすめの小物を提案してくれるので、その中から娘さんの好みの小物を選ぶと失敗が少ないです。

ハンドバッグは時代により流行りがあるので、草履とセットで揃えたい小物です。

着物の仕立て直しは必要か?

振袖は、普通の着物より少し大きいサイズで柄合わせをしているものが多いので、極端にサイズが合わない場合以外は、仕立て直ししなくても着付けで調節できます。

仕立て直しをするとすれば、娘さんの背が高く、身丈や裄丈が足りない時くらいでしょうか。

身丈とは、着物を伸ばした状態で、衿付けから裾までの長さです。

標準サイズの昔の着物は、4尺2寸で仕立てていることが多く、身長が160㎝くらいまでなら、標準サイズで大丈夫です。

私の身長は165㎝なのですが、身長を知らせていたはずなのに標準の身丈で仕上がってきたため、着付けのときにおはしょりが少なく着せにくかったようです。

着付けできないことはないのですが、身丈が足りないと着崩れもしやすくなります。

また、背が高いと腕も長い場合が多いですが、裄丈も標準サイズだと手首が出すぎてしまいます。

そんな場合は、袖幅や肩幅を出すなどで裄丈を伸ばせば良いのですが、柄合わせが狂いますし、袖の縫い直しはけっこう面倒なので、よほどでない限り仕立て直ししなくても良いと思います。

ちなみに、私の場合は、自分に合ったサイズの仕立てではなかったので、結婚後、もう振袖は着ないとなった時に、洗い張りして反物状態にしておりました。

そして、長女の成人式前に、長女の身長に合わせて仕立てたんです。

長女の身長は166㎝、次女は150㎝と、身長差が大きかったのですが、背に対して着物のサイズが大きすぎても、着付け次第で調節できることを知っていたので長女の身長に合わせました。

スポンサーリンク

成人式の振袖に必要な物は?

お母様の振袖には、着付けに必要な小物も全て揃っているとは思いますが、念のためチェックしておいた方が良いです。

揃えておきたい小物

着物、長襦袢、半衿、衿芯、袋帯、帯揚げ、帯締め、重ね衿、羽毛ショール、コーリンベルト、三重仮紐、草履、ハンドバッグ、伊達閉め(2本)、帯板(2枚)、帯枕、腰紐(4本)、ワンピース肌着、足袋 

今風にアレンジするために新調する小物の他にも、新しく揃えたい小物もありますね。

三重仮紐は、振袖帯結びが簡単にできる小物ですが、着付けする方によって使う場合と使わない場合があります。

帯板は、前と後ろに使うので紐などが付いていない板だけのものが良いです。

お母様の時代の着物用下着は、肌襦袢と裾除けの二部式だったと思いますが、ワンピースタイプの方が、胴回りがスッキリしますので、買い替えても良いですね。

足袋も足のサイズに合ったものを揃えておきましょう。

成人式の着付けは美容室でする方がほとんどだと思いますので、早めに着付けの予約をしておいて、事前に着物や小物をチェックしてもらうと安心です。

まとめ

母の振袖も小物の合わせ方次第で古臭くなく、今風にリメイクできます。

娘さんが快く同意することが前提ですが、大切に保管してきた上質な振袖は、着心地もよく、見た目の質の良さも違います。

娘さんの成人式に、お母様の振袖を着せてあげてはいかがでしょう。

関連記事:成人式の振袖についてのまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする