七草粥レシピ!炊飯器・土鍋・圧力鍋、器具別簡単レシピは?

七草粥の画像

七草粥のレシピはシンプルなだけに、家族の好みでアレンジされているご家庭も多いですね。

さて、七草粥を炊くお鍋は、炊飯器、土鍋、圧力鍋の何を使いますか?

意外にも、人気があるのは炊飯器で炊く七草粥のようです。

今回は、それぞれのお鍋を使って作る、簡単な七草粥のレシピを紹介します。

スポンサーリンク
  

七草粥レシピ!炊飯器が簡単!

七草粥の作り方は簡単なのですが、普段、あまりお粥を炊く機会がないと、面倒に感じることもありますね。

そんな方にオススメなのが、炊飯器のお粥モードで炊く七草粥です。

水加減も炊飯器の内釜の印に合わせれば良いので、失敗がないですね。

また、土鍋などお鍋で炊く時のように、吹きこぼれる心配もありません。

炊飯器で炊く七草粥
(1)炊飯器に研いだお米とお水をセットする
(2)七草を食べやすい大きさに切る
(3)米と塩、七草の実の部分を炊飯器に入れておかゆモードで炊く
(4)炊き上がったら残りの七草を入れて軽く混ぜ、蓋をして10分ほど置く

七草を塩ゆでして入れる方もいらっしゃいますが、せっかくの栄養を茹で捨てるのはもったいないです。

スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)の実の部分は硬いので、お米と一緒に炊いて、葉の部分は炊き上がりのお粥の余熱でしんなり火が通ります。

七草粥レシピ!土鍋が美味しい!

お粥を炊くお鍋といえば、土鍋が思い浮かぶ方も多いですよね。

土鍋でコトコト時間をかけて炊いたお粥は、一番おいしいので、我が家の七草粥は土鍋で炊いています。

吹きこぼれに気をつけないといけなかったり、うっかりしていると焦げたりするので、コンロから離れられないですから、時間がない方には向きません。

土鍋で炊く七草粥
(1)お米を洗って水に30分以上浸す
(2)七草を食べやすい大きさに切る
(3)米と塩、七草の実の部分を土鍋に入れて中火にかける
(4)沸騰したら弱火にし、吹きこぼれそうなら蓋をずらして調整する
(5)水が少なくなったら、焦げないよう気をつける
(6)40分ほどでお粥ができるので、刻んだ七草を入れて軽く混ぜ火を止める

米の5倍くらいの水加減で良いですが、好みによって水の量を加減すると良いです。

土鍋がない場合は、厚みがあるステンレス鍋でも、同じ作り方で炊けますよ。

スポンサーリンク

七草粥レシピ!圧力鍋が早い!

圧力鍋で七草粥を炊くと、早く炊き上がりますね!

吹きこぼれることもないですし、コンロのタイマーを利用すれば手放しできます。

圧力鍋で炊く七草粥
(1)圧力鍋に研いだお米とお水を入れる
(2)七草を食べやすい大きさに切る
(3)米と塩、七草の実の部分を圧力鍋に入れて15分加熱する
(4)圧が抜けるまで余熱で放置する
(5)圧が抜けたら残りの七草を入れて軽く混ぜ、サッと火を通す。

水加減は、米の5倍くらいで良いですが、好みで調整します。

火にかけて、シュッシュと圧がかかってきたら、圧が抜けない程度に火加減を少し弱めて加熱します。

七草粥レシピ!お米から炊く?炊いたご飯?

今回、ご紹介した、炊飯器、土鍋、圧力鍋を使って炊く「七草粥」は、お米から炊く場合のレシピです。

お米から炊いた七草粥の方が、断然おいしいのですが、炊いたご飯で炊くこともできます。

炊いたご飯で七草粥を作るときは、土鍋で炊くのが良いと思います。

ただ、七草粥は、古くから伝えられている風習で、無病息災の願いや邪気祓いの祈りも込められた、儀式的な慣わしですから、お米から炊くのが良いですね。

関連記事:七草粥についてのまとめページ

まとめ

お鍋ごとの七草粥のレシピはいかがでしたか?

出汁などを使わず、ほんのり塩味だけのシンプルな七草粥ですが、お正月の御馳走で弱った胃腸を休めるには、このシンプルさが良いのではないでしょうか。

七草粥を簡単に作りたい場合は「炊飯器」、美味しさ重視なら「土鍋」、時間がなくて忙しい方には「圧力鍋」と、使い分けてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする