紫外線対策でのサングラスの効果やおすすめ商品の選び方

紫外線対策は日焼け止めや日傘、帽子でOKって思っていませんか?

案外、見落としがちなのが目から入る紫外線。紫外線が目から入ってくると、目にダメージを与えるだけじゃないって知ってました?

日常生活はもちろん、ウォーキングやアウトドアなど、太陽の光を直接浴びることが多いときでさえ、無防備になっていませんか?

スポンサーリンク
  

【紫外線対策】サングラスの効果

目から入る紫外線対策は、やはりサングラスです。

サングラスの紫外線対策効果は?

  • 光刺激による光ダメージを軽減する
  • メラニン色素の生成を抑制する

目から入る紫外線は、目にダメージを与えるだけでなく、お肌にも影響があります。

暖かくなると、アウトドアの機会も増えるし、毎日ウォーキングしたりもしますよね。直射日光を浴びる機会も多くなるので、キチッと紫外線対策をした方が良いですね。

サングラスは紫外線対策におすすめグッズ

日焼け止めを塗ることができない目の紫外線対策と言えばサングラスです。目隠しするわけにもいかないですものね。

光刺激による光ダメージを軽減する

紫外線は目の奥まで届き、網膜や黄斑部にダメージを与え、視力低下や白内障、翼状片などのリスクが高くなると言われています。

サングラスはそんな紫外線が目に入ってくるのを遮断してくれます。

紫外線による目への光ダメージは、TVCMなどでもよく見かけるのでご存じの方は多いですが、それだけじゃないとのこと。なんと、お肌にも影響が・・・!?

メラニン色素の生成を抑制する

目から紫外線が入ってくると、「紫外線が入ってきたぞー!」って、脳に伝わるんです。すると、脳は紫外線から身を守る指令を出すんです。

肌に紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニン色素が生成されるのですが、目から入った紫外線に対しても脳がメラニン色素の生成を指令してしまうとのこと。

肌に直接紫外線を浴びるほどではないにしろ、メラニン色素が生成されることで、シミなどの肌トラブルの原因にもなるんだそうです。

なので、戸外で直射日光を浴びるような時は、目も紫外線対策が必要ですね。

帽子をかぶって直射日光が当たらないようにしても、反射された紫外線が入ってくるので、サングラスでしっかりとブロックすることが必須です。

完全にブロックすることはできないですが、少しでも紫外線を防止できるサングラスを選びたいところ。色や形はどんな物が良いのでしょう。

スポンサーリンク

紫外線対策できるサングラスの選び方

おしゃれアイテムとしてサングラスをかける方も多いですが、どうせなら紫外線対策の効果が高いサングラスが良いですよね。

紫外線対策重視のサングラスの選び方をピックアップしてみます。

  • 紫外線カットレンズ
  • 明るい色のレンズ
  • 紫外線が入りにくいデザイン

紫外線カットレンズ

サングラスは紫外線カットのレンズのものを選ぶことが必須条件です。

サングラスは100均などでも売っていますが、プラスチック製でレンズの質が悪く、紫外線カットが入ってない物も多いので、眼鏡店での購入がおすすめです。

ちなみに、近視や老眼など、視力矯正メガネには、標準で紫外線カットが入っている場合も多いですね。

明るい色のレンズ

暗めで濃い色のレンズの方が、光を遮断してくれそうな気がしますが、実は逆!

人の目は、暗いところでは瞳孔が開きますよね。黒っぽくて暗いレンズを通して見る場合、明るいレンズよりも瞳孔が開くので、紫外線を取り込みやすくなるんです。

紫外線カット加工してあれば、あまり気にしなくても良いのですが、少しでも光りダメージを避けたいなら、黄色など明るい色のレンズがおすすめです。

レンズの色は、顔写りの善し悪しもあるので、あまり濃い色ではないレンズで、顔に似合うサングラスを選ぶと良いです。

紫外線が入りにくいデザイン

反射して入ってくる紫外線もあるので、ゴーグルみたいなデザインなら、隙間から入ってこないですが、普通のサングラスで完璧にブロックすることは無理ですよね。

できるだけ、隙間から紫外線が入ってこないように、顔にフィットしたものが良いですし、レンズは大きめがおすすめです。

ウォーキングなどで、毎日使うなら、スポーツサングラスが良いと思いますよ。いかにも運動してますよって感じで、かっこいいですしね。

関連記事:紫外線対策ついてのまとめページ

まとめ

目も紫外線対策が大切!

目を傷めるだけじゃなく、お肌にまで影響がある紫外線は、サングラスでしっかりカットしたいですね。

サングラス似合わないんだけど・・・。メガネってうっとおしいし・・・。なんて方も、紫外線対策のために、サングラスを愛用してみませんか。
 
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする