老眼鏡を初めて作るときは100均メガネでもよいの?メガネ店は処方箋が必要なの?

rougan3

老眼鏡を初めて作るとき、100均の老眼メガネで大丈夫ですか?

新聞や本を読むときに少し見えにくいと感じはじめたくらいだと、老眼鏡を買うべきかどうか迷いますよね。

もっと度が進むだろうから、最初はメガネ店の老眼鏡は高いからもったいない。

そんな風に思う人も多いはず!

今回は、初めて買う老眼鏡について体験談を含めてお話しします。

スポンサーリンク
  

老眼鏡を初めて作るときは?

早い人では40才くらいから老眼症状が出はじめ、45才くらいになると老眼鏡をかけ始める方が多いようですね。

たまにしかかけないから、初めての老眼鏡は安いもので良いと言う方もいれば、ちゃんと目に合う老眼鏡でないと度が進むという方もいます。

また、度が進んでも100均メガネで充分って方もいます。

見え方の満足度は、一人ひとり違うので、これじゃないといけないってことはないと思います。

100均の老眼鏡でも良いの?

100均の老眼鏡で良いなら、費用負担がないので良いですよね。

実は、私も初めて買った老眼鏡は、100円ショップのダイソーで購入しました。

100円ショップだと、店員さんが度数を合わせてくれるわけではないので、自分で合わさないといけないのですが、どれを選べば良いのか迷います。

あれこれ試してみても、0.5も1.0も見え方に大した変わりがないように思えて、100円だから度数違いで2つ3つ買ってみました。

100均の老眼鏡は、レンズが小さいものが多く、いかにも老眼鏡という感じがします。

100均の老眼鏡でも手元は見えやすくなり、まぁこれでも良いか!程度で、当時の私の視力は1.5で乱視が少しあったので、どこか違和感がありました。

また、しばらく使っていると、レンズが曇ったような感じになり拭いてもクリアにならないんです。

レンズのプラスチックの質が悪いので、細かいキズがつきやすいのでしょう。

結局、2ヶ月も経たないうちに、メガネ店で購入することになっちゃいました。

100円ショップの老眼鏡は、乱視などがある場合は度が合いにくいですね。

100均の老眼鏡でもかけていて目が疲れないのであれば良いですが、見えにくかったり、度がきつすぎたりすると目が疲れます。

ピント調節機能に余計な負担がかかるので、目の筋肉の老化も進み、老眼の進行を早めてしまう可能性も大きいです。

スポンサーリンク

老眼鏡を作るのに処方箋は必要?

メガネ店で老眼鏡を作るときは、眼科の処方箋が必要?

そんな風に聞いていたので、私は、初めて老眼鏡を作るときに眼科で視力検査して処方箋を持参しました。

メガネ店では、その処方箋でレンズを合わせてくれたんです。

眼科の処方箋があれば、目にピタッと合い見えやすく疲れにくいメガネができると思っていたのですが、妙に疲れる。

慣れないせいだろうと二週間くらい我慢して使っていましたが、結局、合わせ直してもらうことになりました。

6ヶ月以内に1回だけレンズ交換OKだったのですが、「あなたが持ってきた処方箋で作ったんですけどね。」と、いやみを言われてしまいました。

メガネ店でも視力検査ができるので、眼科の処方箋は必ず必要ってことはないんです。

老眼鏡の度数が合わない

高いお金を出して、念入りにレンズを合わせて買った老眼鏡なのに、常用し始めると度数が合わないこともあります。

私の場合、度数が進んだり、メガネを紛失したりで、今までに4つ作ったのですが、合わせ直しが必要なかったのは2つでした。

最初の2つは常用していると目が疲れてしまい、我慢できなくなったのですが、共通していえることはよく見えすぎて疲れる感じでした。

メガネ店でレンズを合わせている時って、よく見えた方が良いって思いますよね。

でも、パソコン作業など仕事中に使う老眼鏡だったので、長時間かけていると目は疲れるわ、頭が重い感じがするわ、だったんです。

3つ目の老眼鏡を作ったときは、私自身がメガネに慣れていたということもありますが、レンズの合わせ方は検査技師の技術力の差で全然違うことも経験しました。

視力検査は機械や器具を使うので、検査技師によって結果が違うということはあまりないと思いますが、その検査データを基にしたレンズの選び方が違うんです。

熟練した年配の技師の方が腕が良いかというと、それも関係ないですね。

日常生活で使ってみて、目が疲れたり、見え方が不満だったりと、度数が合わない時は合わせ直してもらうと良いです。

なので、期間限定で、無料で合わせ直してくれるメガネ店が良いですよ。

関連記事一覧:老眼についての記事まとめ

まとめ

老眼鏡を初めて買うときは、100均の老眼鏡で済ます方も多いですが、度数が合っていないと目が疲れてしまい、老眼を進行させてしまうこともあります。

特に、乱視などがある場合は、100均の老眼鏡は合わせにくいですね。

メガネ店で老眼鏡を作るとき、眼科の処方箋はあってもなくてもかまいません。

目にピッタリ合うメガネができるかどうかは、レンズを合わせてくれる店員さんの調節技術の差ですね。

店内でかけている時は、快適のように思えていたレンズも常用してみると合っていないこともあります。

老眼鏡をかけていると目が疲れるようであれば、調整し直してもらうと良いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする