インフルエンザ予防にうがい、手洗い、マスクは効果あるの?

tearai

インフルエンザ流行時期になると予防策として、うがい、手洗い、マスクの励行を呼びかけられますが、どれくらい予防効果があるのでしょう。

インフルエンザは予防接種をしていても、かかってしまうほど感染力が強いですが、手洗いなど簡単な予防策で効果があるのならやった方が良いですよね。

今回は、インフルエンザ予防の大原則のように言われている、うがい、手洗い、マスクの予防効果について取り上げています。

スポンサーリンク
  

インフルエンザ予防にうがいは効果なし?

インフルエンザの予防にうがいは効果がないとも言われています。

インフルエンザウイルスが気道の粘膜につくと約20分で細胞内に取り込まれるので、20分間隔でうがいをしなければ意味がないとのこと。

実際に、20分ごとにうがいをするなんて不可能ですものね。

ただ、紅茶でうがいをするとカテキンが細胞への吸着を防いでくれるという報告もあるので、うがいをするなら紅茶ですると良いかもしれません。

紅茶でうがいする場合は1日2回程度で良いとのことですから、それなら実行可能ですね。

水分補給を紅茶や緑茶にするのも良いと思います。

インフルエンザ予防に手洗いは効果あるの?

外に出るとドアノブや電車のつり革、手すりなど、色んな物に手で触りますよね。

その手で鼻や口を触ると、手についたインフルエンザウイルスが鼻や口などに付着して感染することもあります。

ウイルスは水だけの手洗いだとあまり落ちないのですが、アルコールや石けん成分を嫌うので、外から帰ったら石鹸を使った丁寧な手洗いは有効な予防法です。

15秒以上の手洗いでインフルエンザウイルスを落とす効果があるとのことです。

空気中に飛沫しているウイルスは身体中に付着しているので、全身を洗わないと意味がないのでは、との考えもありますが、手に一番多く付着しているので、まずは手洗いをするのが一番です。

インフルエンザ予防にマスクは効果なし?

咳やくしゃみなどで、空気中にばら撒かれたインフルエンザウイルスで飛沫感染しますから、マスクをすることで、ある程度の予防にはなります。

ですが、ウイルスはとても小さいので、市販のマスクくらいでは完璧に予防はできないですね。

医師が手術の時に使用するマスクくらい、遮断力が強いマスクなら効果も高いと思います。

咳やくしゃみで飛び散る唾液を防ぐことはできるので、人に移さないためにマスクをするのは、最低限のエチケットです。

マスクは防寒にもなりますし、喉や口が乾きにくくなるので、そういった面でのメリットはあります。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防は免疫力が大事

インフルエンザウイルスに感染しても発病しない人もいます。

発病する人としない人の違いは、免疫力が低下しているかどうかになります。

不規則な生活、睡眠不足、食習慣の乱れなどが続くと免疫力が低下してしまいますので、特に、インフルエンザが猛威を振るう時期は体調管理が大事です。

人の身体の細胞が再生されるのは睡眠中だけなので、十分な睡眠で体を休養させることです。

健康維持のためには、7時間の睡眠時間が良いと言われていますから、起床時刻から逆算して、睡眠時間7時間を確保したいですね。

また、ビタミン類やミネラルは、体の免疫力を高めるので、緑黄色野菜や海藻、きのこ類、大豆製品などを積極的に食べるようにするのも良いです。

免疫力を上げることが、インフルエンザウイルスを防ぐ一番のマスクになります。

⇒インフルエンザ関連記事一覧

まとめ

手洗い、うがい、マスクなどの予防策だけでは、インフルエンザの予防はできないですが、しないよりはした方が良いです。

特に、外出先から帰ったときは、石けんで丁寧に手洗いをしましょう。

うがいはあまり効果がありませんが、カテキンを含む紅茶ですると効果が期待できます。

インフルエンザウイルスに感染しても、免疫力が低下していなければ発病するリスクも少なくなります。

十分な睡眠で休養をとり、免疫力をアップしてくれるビタミン類やミネラルなどを豊富に含む食べ物を積極的に摂りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする