脇汗の臭い対策!ニオイの原因は制汗剤で抑えられる?

暑い季節になると脇汗の臭い対策が気になるところ。

脇のニオイは自分よりもむしろ周囲の人に不快感を与えていることもありますが、面と向かって「臭い」なんて言いにくいものです。

同じ汗でも脇汗は特にきつくツーンとイヤなニオイのこともありますよね。そんな脇汗の臭いの原因や対処法などを詳しくお伝えしています。

スポンサーリンク

脇汗の臭い対策は誰もが必要?

身体の臭いって、自分よりも周囲の人の方が敏感に感じてしまうものですよね。汗ばむ季節になると、なんとなく距離を取られているような気がするときってありません?

人の体臭を指摘するって、相手をひどく傷つけてしまうので、普通はできないですし、教えてもらえないことがほとんど。

「あなたの脇、臭いわよ。」なんて、言うのも言われるのもイヤなものですもの。

なので、自分で自分の脇汗が臭いって感じたときは、周囲の人はもっと異臭を感じていると思って、臭い対策をした方が良いです。

特に、外で人に接することが多いなら、脇汗の臭い対策はエチケットとして常識ですね。自分は大丈夫と過信しない方が賢明です。

脇汗が臭い原因は何?

スポーツなどで汗をいっぱいかくと汗臭いな~ってこともありますが、脇汗の臭いってちょっと独特で、鼻にツンとくる刺激臭みたいな場合もありますよね。

汗は体温調節をするための人間だけに備わった大切な身体の機能です。

汗は汗腺から出ますが、汗腺には2種類あって、ひとつは身体全身にある「エクリン腺」、そしてもうひとつは、脇など体毛が多い部位にある「アポクリン腺」です。

全身にかく汗と違って、脇汗が臭いのは「アポクリン腺」なんですね。

エクリン腺の成分はほとんどが水分で、わずかに塩分が含まれているだけで無臭なのですが、アポクリン腺の成分は、タンパク質、脂質、糖質、鉄分などが含まれています。

このアポクリン腺からの汗が皮膚の上で細菌を繁殖させ、分解するときの臭いが脇下の臭いの原因と言われています。

欧米人に比べて、日本人は体臭が軽いと言われてきましたが、最近では食の欧米化により、脂質などの摂取が多くなったため体臭がきつくなる傾向にあるとのこと。

ですので、昔ながらの和食が脇汗対策にも良いと言われています。

そうはいっても、食改善はなかなかできるものでもないですし、今夏すぐに効果があるとも限らないので、制汗剤などで対処する方が多いのです。

スポンサーリンク

脇汗の臭いに制汗剤は効果ある?

脇汗が臭くなるのは、汗によって細菌が繁殖&分解するためなので、汗が皮膚に付着したままにしないこと。また、脇に体毛があると汗が付着してしまうので、脇毛の処理をしておくことも一つの対策です。

でも、頻繁に脇汗を拭うことができないときもありますから、多くの人が制汗剤を愛用しています。

しかし、制汗剤には、タイプがあります。

  • 発汗を抑える制汗剤
  • 殺菌や消臭をする制汗剤
  • 香りを付ける制汗剤

発汗を抑える制汗剤には、汗腺を収縮させる収れん剤や、汗を吸収する吸収剤が含まれていて、汗の量を少なくしてくれます。

ただ、汗腺に蓋をしてしまうようなことにもなり、本来の機能の体温調節ができなくなったり、皮膚に負担をかけてしまうこともあります。

殺菌や消臭をする制汗剤は、細菌が繁殖するのを抑えてくれるので、脇下の臭いも抑えてくれます。ただし、殺菌剤が入っているので皮膚に負担がかかります。

香りを付ける制汗剤は、制汗剤として単独というより、制汗タイプや殺菌消臭タイプの制汗剤に含まれていることがほとんどです。

ローズやジャスミンなど花の香り、シトラスなどフルーツ系の香り、天然ハーブ系などなど、様々な香りの制汗剤がありますね。

ですので、制汗剤は、発汗を抑制したいのか、臭いを消したいのかで、好みの香りのものを選ぶことがポイントですね。

皮膚には負担がかかるので、夜はきちんと洗い流す、外出しない日は制汗剤をつけないなど、お肌のケアも忘れないように。

また、制汗剤を塗る前には、皮膚をキレイにしてから塗ることです。

まとめ

脇の臭いは自分が思っているより、人に不快な思いをさせているかもしれません。

脇汗を皮膚に付着したままにしておかないこと、汗をたくさんかく時期には発汗を抑制する制汗剤を利用するとよいですが、皮膚に負担を与えすぎないこと。

肌を清潔にすることを心がけて、脇汗の臭い対策をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする