脇汗が多い悩み対策!おすすめグッズや脇の汗じみを防ぐ方法

脇は身体の中でも汗をかきやすく、脇汗が多いためその対策に悩んでいる方も多いですね。

冬場はともかく暖かくなって薄着になると、洋服の脇に汗じみができたり、服の色によっては黄ばんでしまいます。また脇汗によるニオイも気になるところ。

そんな脇汗の原因や対策、数多く出回っている脇汗対策グッズについてお伝えします。

スポンサーリンク

脇汗が多い原因と対策は?

汗は身体の体温調節をするための人間特有の身体の機能ですから、全く汗をかかないというわけにはいきません。

特に、脇は汗をかきやすく、脇だけ汗をかいてしまう。夏の時期だとすぐに汗じみができはじめ、しばらくすると大きな汗染み、そして、1時間もすれば流れ落ちることも。

体質的に汗腺が機能亢進状態のため多汗症の場合もありますし、リウマチ性関節炎、糖尿病などの病気が原因だったり、妊娠や更年期が原因のこともあります。

そういった原因がなくても、運動をしたり辛いものを食べたりしたときや、ストレスや緊張したときにも汗をかくことがあります。

人は、汗をかくことで体温調整をしているので、必要なことではあるのですが、汗じみやニオイは気になるところですね。

汗そのものには臭いはありませんが、汗によって細菌が繁殖するために臭いが生じ、汗が多いほど細菌の繁殖も多くなるので臭いもひどくなります。

汗じみが気になりお気に入りの洋服が着られなかったり、人に不快感を与えているのではないか、臭いと思われているのではないかと気になったり、脇汗の悩みは尽きません。

そんな脇汗対策は、エチケットのひとつとも言えますので、脇汗対策グッズを愛用する方が多いのです。

脇汗対策におすすめのグッズ

脇汗対策グッズには、方法や種類も色々とありますね。中でも、脇汗パッドや制汗剤はよく使われるグッズで、この2つを併用する方が多いです。

ミョウバン水も脇汗対策にはよく使われますし、即効性はないですが、食事療法を取り入れることも心がけるとよいです。

脇汗対策に欠かせない制汗剤

汗をかきやすい時期になると、制汗剤のTVCMが頻繁に流れてきますよね。それだけ、脇汗に悩んでいる人が多いってことだと思います。

ドラッグストアには制汗剤コーナーも設けられているので、手軽に求めることができます。

脇汗がとても多く、強い制汗剤を求めるなら海外の制汗剤ですが、ドラッグストアでは売ってないようです。

有名なのは、デトランスαという、デンマーク製の制汗剤です。制汗力がかなり強力なのですが、塗ったあとのベタベタ感が強く、使用感はよくないとのこと。

また、肌への刺激も強いので肌が弱い方には向かないです。海外製なので、日本人の肌には合いにくいのかも知れませんね。

日本製の制汗剤の中で制汗力が強いと評判なのはクリアネオという商品です。

塗ったあとすぐにサラサラになるので使用感もよく、デリケートゾーンにも使えるクリームなので肌にも優しいです。

少し、お値段が高いですが、しっかり制汗したいなら試してみてはいかがでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリアネオクリーム
価格:5980円(税込、送料別) (2017/3/14時点)

手作りミョウバン水で制汗する

ミョウバン水は、脇汗を抑えたり、臭いを軽減することが期待できると言われています。

ミョウバンは黒豆を炊くときに使われたりと、口にしても大丈夫なものなので肌にも安心ですよね。

スーパーや100均ショップで、安価に求められますし、作り方も簡単です。

空のペットボトル(500ml)に、ミョウバンを20g入れ、水道水をいっぱい入れて蓋を閉め、ボトルを振って混ぜ、ミョウバンが溶けるまで冷蔵庫で保存するだけです。

一週間くらいは日持ちがするので、スプレー容器に小出しして肌に吹きかけて使うと良いです。

脇汗対策に良い食事療法

日本人は、欧米の人と比べて体臭が弱いと言われていましたが、食の欧米化により体臭がきつくなっている傾向と言われています。

脇汗が臭いのは、アポクリン腺という汗腺から出る汗に含まれる、タンパク質、脂質、アンモニアなどが、皮膚の表面で雑菌に分解&酸化されることが原因なのです。

ですので、食の欧米化で肉類や乳製品などでタンパク質や脂質の摂取が多くなると、アポクリン腺が活性化され、脇汗の臭いもきつくなる傾向になります。

野菜や海藻類を中心にした、昔ながらの日本食が、脇汗対策にも良いとのこと。特に摂りたいビタミンA、C、Eは、ビタミンエースとも言われ、美肌にも良いんです。

緑黄色野菜に豊富なビタミンA、C、Eですが、ブロッコリーやカボチャには、3つとも豊富に含まれているので、毎日でも摂りたい野菜です。


スポンサーリンク

脇の汗じみを目立たなくする対策は?

洋服の色によっては、汗じみが黄ばんで目立つこともありますし、脇がぐっしょり塗れてしまうのもイヤなので、脇汗が多い場合には、汗取りパッドがおすすめです。

汗取りパッドも多種類あり、衣服に貼り付けるタイプ、ブラジャーの肩紐に付けるタイプ、汗脇対策インナー、肌に直接貼るシールタイプなどがあり、洗濯して何度も使えるものもあります。

活性炭やイオン効果などで、デオドラント効果ありの汗取りパッドが多いですね。

また、脇汗パッドは速乾性のものを選ぶことも大切です。パッドに吸収された汗が衣服に染みては元も子もないですから。

洋服によっては、汗取りパッドが透けて見えたり、厚みが気になったりすることもありますが、そんな場合は、肌に直接貼るシールタイプが目立ちにくいのでおすすめです。

また、脇のむだ毛を処理していないと汗が付着して細菌の繁殖に繋がるので、脇毛の処理もきちんとしておくことですね。

まとめ

汗は体温調節の機能としてなくてはならないものでもありますが、汗じみやニオイが気になる脇汗は、自分だけでなく人にも不快感を与えてしまいます。

ワキガ臭がひどく手術が必要な場合もありますが、まずは制汗剤や汗取りパッドなどで脇汗対策をしてみてはいかがでしょう。

脇汗の臭いは雑菌の繁殖によるものなので、制汗剤を塗る前には脇をキレイにしてから使用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする