青色申告の帳簿の現金仕訳が面倒!現金支払の簡単な仕訳方法!

siwake1

青色申告をするためには帳簿は必須ですが、会計事務所に依頼すると費用が高いので自分でする方も多いですよね。

簡易帳簿でもOKなんだけど、どうせなら正式な複式帳簿をつけて、65万円の特別控除を利用しないと損です。

今回は、複式帳簿の仕訳が少しでも楽になる、現金の仕訳についてご紹介します。

面倒で困っていたとき、会計士さんに教わった仕訳方法です。

スポンサーリンク
  

青色申告の帳簿の現金仕訳が面倒

法人会社の場合は、個人と会社の経理は別にしていますが、個人事業主の場合、個人用と事業用の現金や預金がごっちゃになってること多くないですか?

私も、個人事業を始めた当初は、通帳もお財布も分けていたんです。

でも、これがけっこう面倒だった。

収入は事業用の通帳に振り込まれるので、個人用の通帳に振り替えておかないと自動引落が落ちないこともある。

こまめに残高を確認していないといけないので面倒。

現金で事業用の商品を購入するとき、事業用のお財布が残高不足にならないように補充しておかないといけない。

そもそも、お財布を2つ持つのが面倒なので、あとで精算したら事業用現金残高がマイナスになった。

などなど、仕訳も面倒だし、現金残高が合わなくて苦労したりしてたんです。

そんな会計処理をやっていた初年度の決算処理を、知り合いの会計士さんに見てもらったときのことでした。

そんな面倒な現金仕訳をしなくても、簡単な仕訳方法があると教えてくれたのです。

現金支払の仕訳が簡単になる方法

現金で支払ったときは、現金勘定で処理しないといけないと思っていました。

そんなとき、会計士の知り合いに教わった仕訳は、現金勘定を使わない仕訳だったのです。

面倒で困っていた仕訳と簡単になった仕訳の例を紹介しますので、見比べてみてください。

私が使っている会計ソフトの振替伝票で解説しますね。

現金勘定を使った仕訳

現金で、4,980円のインクカートリッジを購入した。

事業用現金の残高がなかったので、普通預金から引き出した。

furiden4

事業用のお財布から現金で支払った。

furiden5

個人事業用の現金は、お財布を別にしているので残高がマイナスにならないように預金から引き出しておかないといけないし、帳簿残高と現金残高を合わせていかないといけない。

現金勘定を使わない仕訳

現金で、4,980円のインクカートリッジを購入した。

個人のお財布から現金で支払った。

furiden6

事業用の現金支払いも個人のお金で支払い、「事業主借」勘定で仕訳処理する。

ニュアンス的には、「個人から借りた」みたいな感じですが、決算処理で「事業主貸」勘定と相殺されるので、問題ないとのことです。

普通預金から現金を引き出した時は、「事業主貸」で仕訳処理をしておきます。

furiden7

現金で支払った時には、「事業主借」、普通預金から現金を引き出した時は、「事業主貸」で処理するようになってから、現金の扱いが楽になりました。

小売業などで、現金収入がある場合は使えない方法かもしれませんが、収入の殆どが銀行振込の場合は、この仕訳方法をお試しください。

会計士さんが教えてくれた仕訳方法です。

スポンサーリンク

まとめ

現金支払いに現金勘定を使わない仕訳方法はいかがでしたか?

現金残高が合わないとか、お財布を別にしないといけないなど、面倒さがなくなります。

会計士さんに教わった方法なので、試してみてくださいね。

どちらにしろ、複式帳簿で会計をする場合は、取引を「借方」と「貸方」で仕訳する必要があります。

市販の振替伝票で仕訳して、手書きで記帳しても良いのですが、電卓で集計して試算表を作成するなどなど、簿記を知らないとできません。

その点、会計ソフトを利用すると仕訳伝票に入力するだけで、決算処理までやってくれるので、帳簿が簡単にできます。

会計ソフトにもよりますが、仕訳のひな形がある会計ソフトもありますから、青色申告の帳簿は会計ソフトがおすすめです。

無料の会計ソフトもあるので、試してみてはいかがでしょう。

有料の会計ソフトなら、消費税などの税改正にも、バージョンアップですぐに対応してくれるので安心です。

関連記事:確定申告についてのまとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする