【電力自由化】電力会社を乗り換えると電気の品質が変わるの?

電力自由化の画像

2016年4月より、「でんき」の購入先が自由に選択できる「電力自由化」が始まりましたね。

電力会社を変えると、毎月の電気代が安くなるみたいだけど、電気の品質は大丈夫なの?電力会社も色々とあって、どこにすれば良いか分からないし・・・。

そんな疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

実は、私もそんな疑問を持っていたのですが、電力会社を乗り換えて、電気代が大幅に安くなりました。

我が家の電力自由化の体験が参考になればと思い、ご紹介します。

スポンサーリンク
  

電力自由化とは?

今までは、「でんき」の購入は地域の電力会社からしか購入できなかったのですが、「電力自由化」の制度により、様々な業種の小売電力会社から、「でんき」を購入できるようになりました。

小売電力会社とは、ガス会社、通信業者、自然エネルギー会社、不動産会社などが運営している電力会社です。

電力調達方法や料金メニューが各会社によって違うので、ライフスタイルに合った電気を購入できるようになったんです。

電力会社を変えるとでんきの質が変わるの?

電力会社を変えると、「でんき」の質も変わるのでは?

そんな疑問を抱いている場合もありますよね。

実は、我が家もそんな誤解をしていて、安くなってもでんきの質が落ちたらイヤだから、変えなくてもいいかって思っていたんです。

そんなある日、ガス漏れの定期点検があり、電力自由化について詳しく教えてもらえたんです。

そして、電力会社を乗り換えても、「でんき」の供給は今までと何も変わらないってことが分かりました。

料金メーターの取り換えをする場合がありますが、地域の電力会社が無料で取り換えてくれます。

5分ほどで料金メーターの取り換え工事は終わり、送電線は今まで通りで電気の供給には変わりがありません。

今まで通りの「でんき」が使えて、電気料金が安くなるなら変えないと損ですよね。

スポンサーリンク

電力会社を変えると得するのは?

料金メニューは、小売電力会社によって違うのですが、我が家が変えたガス会社の場合、120kwh~300kwhで5%割引、300kwh以上だと10%割引とのこと。

120kwh以下だと、割引がないので変える意味がありません。

ですので、電力会社を変えると得するのは、電気の使用量が平均で、120kwh/月の家庭です。

120kwh以下の場合は、でんきの購入先を変更しても料金は変わらないので、おすすめしていないんだそうです。

我が家の場合、300kwh以上だったので、かなりお得になることが分かりました。

さらに、ガス代も毎月108円割引になるので、二重にお得だったんです。

もちろん、電気の品質は今までとなにも変わらないです。

ガス会社が運営する小売電力会社に乗り換えたことで、ガス代と電気代をまとめてガス会社に支払うことになりました。

関連記事:電力自由化がおすすめなライフスタイルは?メリット・デメリットは?

まとめ

2016年4月に施行された「電力自由化」により、小売電力会社から「でんき」を購入することができるようになりました。

でんきの購入先を小売電力会社に変えても、「でんき」の品質は変わりません。

電気料金メニューは、各社で異なりますが、毎月の電気使用量が、平均で120kwh以上の場合は、乗り換えを検討してはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする