花粉症の治療で行く病院は何科へいつから?症状別ベスト選択

花粉症の治療で病院へ行こうと思うけど、何科をいつから受診すればいいの?

花粉症も人によって症状が違うので、どの病院へ行けばいいのか迷ってしまいますよね。結局、面倒になって市販の薬で対処していたりしません?

何年も市販の薬でやり過ごしてたんだけど、やっぱり病院で薬を処方してもらった方が良かったですよ。

スポンサーリンク
  

花粉症で受診する病院は何科が良いの?

花粉症で病院へ行く場合は、以下の科から選ぶと良いです。

  • 耳鼻科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科
  • 内科

花粉症の治療で病院へ行く場合は、症状によって何科で受診するか選ぶのがベストです。どんな症状の時に何科を受診するかもう少し詳しく見てみましょう。

花粉症の症状によって病院を選ぶポイント

耳鼻科

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、鼻がむずがゆいなど、鼻の症状が一番ひどいときは、耳鼻科が良いです。

耳鼻咽喉科

鼻の症状に加えて、喉のいたみや咳、たんが絡むなどのときは、耳鼻咽喉科が良いですね。

眼科

目がかゆい、涙が止まらないなど、目の症状が一番ひどいときは、やはり眼科です。

市販の目薬を安易にさすより、眼科で処方してもらった目薬の方が良いです。

市販の目薬の外箱には、使用期限が1年とか、長いものだと3年のものもあったりしますが、それは未開封の場合です。

開封後の目薬の使用期限は、おおむね1ヶ月程度と言われています。

眼科では、1ヶ月で使い切るだけの量で処方されますが、市販の目薬って量が多いですから、花粉症の期間中、買い替えることなく使っていたりしません?

その点、病院だと使用期限内に使い切る量で出されますから、防腐剤の量も少ないと思われます。

市販でも病院処方でも、目薬には防腐剤が入っているので、コンタクトレンズを使用している場合は、点眼後30分くらいは時間を置いた方が良いです。

防腐剤で、コンタクトレンズが傷つきますから。

内科

花粉症の薬は、内科でも処方してもらうことができます。

専門科の病院が近くにない、診療時間が合わなくて通院できない場合は、かかりつけの内科で診てもらうといいです。

ちなみに、うちの息子も通院可能な耳鼻科ないため、長年、市販の薬で花粉症による鼻水、鼻づまりを対処していました。

2年ほど前に、近くのホームドクターに相談したら、花粉症の薬を出してもらえて、症状も軽減して楽になっています。

スポンサーリンク

花粉症で病院へ行くのはいつからが良いの?

花粉症で病院へ行く場合 いつからが良いのでしょう?

一般的に病気で受診する場合は、症状が出てから病院へ行きますよね。なので、花粉症も症状がピークになってからで良いのでは?と思いがち。

ですが、花粉症の場合は、ピークになってからより、症状が出始める前から薬を飲んだ方が、症状が軽くすむことが多いんです。

症状が出た時点で、体内でアレルギー反応が起こっているので、症状が出る前の初期療法として薬を飲んだ方が重度にならないと言われているのです。

目安として、最低2週間前くらいがよいとのこと。TVで花粉の飛散情報が出る前に病院へ行くのがベストです。

3月中旬には、スギ花粉が飛散し始めるので、2月下旬までに病院へ行ってみるといいです。

事前に行くことができず、症状が出ている場合でも病院で薬をもらって飲むと、症状が軽減しますので、間に合わないという訳ではありません。

関連記事:花粉症対策についての記事のまとめページ

まとめ

いかがでしたでしょう?

病院で花粉症の治療をお考えなら、花粉が飛散し始める前に始めてみてください。

病院へ行くと薬を処方されるので、薬は飲みたくないという場合は、乳酸菌サプリやヨーグルトなどで体質改善も試してみるのも良いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする