卒園式のママの服装にコサージュはNGなの?ベストなアクセサリーは?

卒園式のママの服装はダーク色が基本ってことで用意したけど、地味すぎるからコサージュで華やかさをプラスしよう。

でも、まって!卒園式にコサージュってありなの?仲良くしているママ友がコサージュはないんじゃない?なんて言ってるし・・・。

今回は、そんなママの卒園式に付けるコサージュやアクセサリーの基本的なマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

卒園式のママの服装にコサージュは付ける?

卒園式のママの服装にコサージュはどうなのか?結論からいうと、つけてもつけなくてもOKです。

ただ、つける場合は色や素材選びは必要です。

卒園式のコサージュの色

卒園式は厳粛な式典ということを踏まえて、コサージュの色を選ぶことが一番大切です。

卒園式の服は黒、ネイビー、ダークグレーなどダーク色が一般的ですよね。

なので、赤、濃い紫、ダークブルー、ワインなど、濃い色のコサージュだと、上品さに欠けてしまいます。

黒いスーツに真っ赤な花のコサージュとかおしゃれですけど、卒園式にはNGです。

かといって、黒のコサージュだと喪っぽくなるのでNGです。

卒園式のダーク系の服に合わせるコサージュは、落ち着いた淡い色で上品さを出すと良いです。

卒園式のコサージュの素材

卒園式のコサージュの素材は、カジュアルな物を避けるのが基本です。

布、ビーズ、皮などのコサージュはカジュアルなイメージが強いので避けた方が良いですね。

シルク、オーガンジーなどのコサージュがオススメです。

生花でもOKなんですけど、一度きりしか使えないですし、あまり付けているお母さんがいないので一人だけ目立つかもしれません。

卒園式の主役は子供なので、母親は目立つ必要がないというか、目立たない方が良いですよ。

⇒卒園式におすすめコサージュ特集【楽天】

コサージュをつけない方が良いママ

コサージュをつけてないからといって失礼にはならないので、場合によってはつけないほうが良いお母さんがいます。

まだ、抱っこが必要な下の子を連れて卒園式に参加する場合は、コサージュをつけていると邪魔になります。

抱っこしたときにピンがはずれて、子供さんに刺さってしまう危険もあります。

そんな場合は、コサージュはやめて、他のアクセサリーでコーデしても良いです。

クリップとピンの2WAYタイプなら、バッグにもつけられるので、バッグにコサージュをつけてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

卒園式のママの服装にベストなアクセサリーは?

衿元が空いている服だと、なんか物足りない感じがするので、ネックレスをつけると見栄えがグッと良くなります。

ネックレスは長すぎない一連のパールネックレスが良いでしょう。

本真珠のネックレスでなくても、貝パールやアクリルパールのネックレスで良いです。

イヤリングをつけるなら、やはりパールが良いですね。

ネックレスで注意すること

卒園式にパールネックレスをつけていく場合に、気をつけたいことがあります。

これは、息子の卒園式のときに実際にあったことです。

知人が下のお子さんを連れて参加されてたのですが、ちょっと機嫌が悪くなり、お母さんのパールネックレスを引っ張ったんです。

その瞬間、ネックレスが切れてしまい、卒園式中の床にパール粒がばら撒かれてしまったんですよ。

高級な本真珠のネックレスなら1粒ずつ止めが入っているので、切れてもばら撒かれることはないですが、イミテーションパールの場合はバラバラになります。

小さい子同伴で卒園式に参加する場合は、こんなことにも気をつけましょう。

卒園式のママの服装は礼服でもコーデ次第でOK

卒園式のためだけに、お母さんの服を新調するのももったいないので、冠婚葬祭用の礼服で済ませたい場合もありますよね。

地域や園によって差はありますが、地方だと礼服の方も多いようです。

礼服でも、コサージュやネックレス、バッグなどをコーディネートすると卒園式でも全然OKです。

卒園式の主役は子供ですし、我が子のことでいっぱいなので、他のお母さんの服装のことまで目に入ってないです。

目立ちすぎず、上品さがあって失礼のない服装にしておけば問題ないです。

関連記事:卒園式のママの装いについて記事一覧

まとめ

卒園式のママの服装につけるコサージュは、濃い色やカジュアルな素材はNGです。

卒園式は厳粛な式典なので、落ち着いた淡い色で、シルクやオーガンジーのコサージュがおすすめです。

ネックレスやイヤリングをする場合は、パールが良いです。

卒園式の主役は子供なので、お母さんの服装は落ち着いた上品さを意識して、目立ちすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする