社会人のマナーとされるメイクについて!すっぴんは非常識なのか?

社会人となったら、メイクをするのがマナーとも言われていますが・・・。

肌が弱くてメイクができない。メイクは苦手だからしたくない。すっぴん主義なんだけどメイクしないとダメなの?

メイクをどうするか悩んでいる、新社会人の女性もいらっしゃいますよね。今回は、そんな社会人としてのメイクってどうなの? についてまとめています。

スポンサーリンク

社会人のマナーとしてメイクは必ずしないといけないの?

一般的に、メイクは社会人の必須マナーといわれていますが、結論から言うと、必ずしないといけないわけではないです。

ただ、メイクをしていた方が、身だしなみに気を遣っていると好印象なのは確かです。

メイクの仕方にもよりますが、メイクすることで、対面するお相手に不快感を抱かせないですし、清潔感があり、身だしなみがきちんとしていると見られます。

また、メイクが必須かどうかは、職種にもよります。お客様と接する接客業だと、メイクが必須の職種もありますよね。

職種によっては、メイクは必ずしないといけないわけではないですが、肌が弱くてメイクができないという場合を除いて、メイクをした方が良いのではないでしょうか。

社会人としてマナー違反?すっぴんは絶対ダメなの?

今まで化粧をしたことがない、すっぴん派。メイクをしたくてもアトピー体質など敏感肌で化粧ができない。メイクが苦手。などなど、すっぴんを通したい方もいらっしゃるでしょう。

アパレル関連の仕事は、すっぴんは絶対ダメな職種ですよね。メイクの仕方まで指導がある場合もあります。化粧品メーカーの美容部員だと、メイクが仕事ですからノーメイクはあり得ないですよね。

どうしてもメイクはできないという方は、すっぴんOKの仕事に就けば、メイクの悩みはなくなりますよ。ただし、職の選択肢は狭くなります。

世の中には色んな職種があり、メイクをすることがマナー違反になる仕事もあります。飲食関係などの製造業では、メイク禁止の企業も珍しくありません。

すっぴんを通したいなら、メイク禁止の企業を選べば、何も心配することはないですよね。

また、メイクについて特に決まりがない企業でも、社会人になったら女子社員は化粧するのが当たり前だろ! と、思われている場合もあります。

事務職など、外部の人と接することがない職業なら、すっぴんでも問題ない場合がほとんどですが、入社してからとやかく言われたくないですよね。

アトピー体質などでメイクができないなら、履歴書に書いておくと良いです。メイク必須の会社であれば、不採用になると思いますが、入社してから悩むより良くないですか?

社会人となっても、すっぴんでいたいなら、すっぴんOKの仕事に就くことですね。


スポンサーリンク

社会人としてメイクするのが常識なの?

メイクをしていないと社会人として非常識、というわけではないですが、メイクは大人の女性としてのたしなみではないでしょうか。

ドレスアップして正装したとき、ノーメイクって考えられないですよね。すっぴんでは失礼にあたるとも言われています。

ノーメイクだと、人への気遣いができていない、普段着のまま仕事に来ているようなもんだ、清潔感に欠ける、などなど、好感度を下げてしまうので、あなた自身が損をします。

敏感肌でも付けられるファンデーションはありますから、ファンデにチークとリップだけの薄化粧くらいはしても良いのではないでしょうか。

すっぴんのままだと、肌が紫外線にさらされっぱなしになるので、肌老化を防ぐためにもファンデーションくらいは塗った方が良いんです。

メイクをしていないと社会人としての常識を疑われる、というようなことはないですが、大人の女性として、メイク術も身につけた方が得策ですよ。

まとめ

ノーメイクだと社会人としてマナー違反というわけではないですが、メイクをした方が好感度が良いです。

肌が弱いなど、メイクができない体質ならすっぴんも仕方ないですが、職種に合わせてメイクはした方が良いですね。

どうしてもメイクができないのであれば、メイクをしなくてもOKの仕事に就くことです。

関連記事:会社でのマナーについての記事まとめページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする